波野發作「雨の日はゴミ捨てに行かない」

雨が降っている。

床で目覚める。

雨音がしている。

カーテンの隙間から外を見る。

しっかりと雨が降っている。

窓から下を見る。

もう電柱の横にゴミが積み上がっている。

上からブルーの網がかけられている。

カラスも猫も来ていない。

雨の日のゴミ捨ては億劫だ。

両手にゴミ袋を持つと傘がさせない。

ゴミ捨てのために雨ガッパを着るなんて嫌だ。

濡れるのは嫌だ。

先週のゴミの日も雨だった。

嫌だと言った。

行かないと言った。

先週のゴミはまだ玄関にある。

たまにはベッドで眠りたい。

その前に風呂に入りたい。

シャワーをあびたい。

着替えて洗濯をしたい。

洗剤の場所がわからない。

洗濯機の使い方がわからない。

汚れたタオルを捨ててしまいたい。

汚れた衣服も捨ててしまいたい。

フローリングで眠ると背中が痛い。

伸びをして背中のコリを伸ばす。

昨日は一日中作業をした。

身体中があちこち痛い。

全部ゴミ袋に詰め込んだ。

あれもこれも全部詰め込んだ。

なにもかも全部詰め込んだ。

雨が降っている。

雨の日はゴミ捨てに行かない。

今日行くのなら先週行けばよかった。

だから今日も行かない。

雨の日はゴミ捨てに行かない。

嫌だとは言わない。

行かないとは言わない。

誰も聞かない。

外は雨が降っている。

家の中はゴミ袋で溢れている。

カーテンの隙間から下を見る。

老婆がゴミ袋を置きに来ている。

ネットをどかしゴミを置きネットを戻す。

猫は来ていない。

カラスも来ていない。

老婆が見えなくなる。

青いネットが青い雨の中でゴミを抱いている。

クルマが交差点で止まり加速して行く。

クルマが交差点で止まり加速して行く。

クルマが交差点で止まり加速して行く。

自転車は止まらずに通り過ぎて行く。

クルマが交差点で止まり加速して行く。

クルマが交差点で止まり加速して行く。

クルマが交差点で止まり加速して行く。

部屋の中から音が消えて行く。

部屋の中から匂いが消えて行く。

部屋の中から光が消えて行く。

部屋の中には何もなくなる。

部屋の中にはゴミがある。

雨が降っている。

雨の日はゴミ捨てに行かない。

電話が鳴っている。

電話には出ない。

携帯が鳴っている。

携帯には出ない。

雨の日はゴミ捨てに行かない。

クルマが交差点で止まる。

クルマが交差点で止まる。

クルマが交差点で止まる。

ドアが開いて閉まる。

足音が聞こえる。

足音が聞こえる。

足音が部屋に満ちる。

足音が頭の中に満ちる。

足音が止まる。

ゴミが部屋の中に満ちている。

雨の日にゴミ捨てに行けばよかった。

おしまい